新幹線や特急列車のきっぷ指定券 年末年始 GW お盆などの繁忙期 うまく予約する方法

JRの指定券は1か月前から販売開始です。しかし、チケット争奪戦はもっと早くから始まっています。思い立ったら即実行、指定券をゲットできる方法を紹介します。

キーワードは「事前予約」「キャンセル待ち」

 年末年始、お盆休み、スクールオフシーズンは、どんな交通手段も混み合います。この冬はとくに、水害関連で北陸新幹線の運行本数が減っています。確実に指定券を入手して、安心して出発当日を待ちたいものですね。新幹線や在来線特急といったJRの指定席特急券や普通列車の座席指定券などは、1か月前の午前10時に発売を開始します。でも、1か月前まで待ってはいけません。確実に入手するためには、もっと前から行動する必要があります。

 きっぷをおトクに、確実に入手するための流れは次の通りです。

【1】下調べ
【2】旅行商品をチェック
【3】事前予約を使う(1か月と7日前)
【4】発売直後に買う(1か月前)
【5】キャンセル待ちを狙う(2日前)
【6】キャンセル待ちを狙う(当日)
【7】9か月前から獲得する裏ワザ

【1】きっぷの予約手段や運賃などを下調べ

 目的地までの割引運賃を比較します。駅や旅行会社の窓口できっぷを買う場合は、正規運賃のほかにフリーきっぷタイプなどのおトクな乗車券もあります。鉄道会社のウェブサイトや市販時刻表では、「トクトクきっぷ」として紹介されています。また、片道601km以上の長距離利用であれば往復割引があります。家族で帰省、グループで旅行する場合は、新幹線回数券などもおトクです。たとえば東海道・山陽新幹線は6枚綴りですから、大人3人の往復で使えます。

Large 191119 ticketget 01
東海道・山陽新幹線「のぞみ」は、1~3号車が普通車自由席、4~7号車と11~16号車が普通車指定席、8~10号車がグリーン車指定席(2016年7月、乗りものニュース編集部撮影)。

 インターネット予約サービスでは早期割引も設定されています。東海道・山陽新幹線は「スマートEX」「エクスプレス予約」、JR東日本、JR北海道は「えきねっと トクだ値」などです。ただし、これらの割引制度は該当する列車の乗車区間のみとなります。新幹線と在来線特急を乗り継ぐと、在来線特急料金などが半額になる「乗継割引」は適用されません。インターネット予約割引と乗継割引のどちらがトクか、あらかじめ調べる必要があります。

 帰省や旅行が決まったら、1か月前と言わず、すぐに「下調べ」すると良いでしょう。

テーマ特集「【新幹線特集】最新の新幹線事情から運賃・料金、ネット予約、快適移動の乗車術まで徹底紹介」へ

【写真】きっぷの予約が手作業だった時代

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191119 ticketget 04
  • Thumbnail 191119 ticketget 01
  • Thumbnail 191119 ticketget 02
  • Thumbnail 191119 ticketget 03

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 「スマートEX」「エクスプレス予約」には
    「事前申込サービス」がありますが。。。