2020年「鉄道」はこうなる! 新夜行特急 新新幹線車両 全線復旧 新駅 廃線 去る車両

10月は東上線に新駅「みなみ寄居」開業、11月は気仙沼線など一部区間廃止

東武東上線にみなみ寄居駅が開業

 東武東上線の東武竹沢~男衾間に10月31日(土)、新駅であるみなみ寄居駅が開業します。副駅名は「ホンダ寄居前」で、本田技研工業埼玉製作所、寄居完成車工場に隣接して建設されました。駅番号は「TJ35」です。

気仙沼線と大船渡線の鉄道事業が一部区間で廃止

 現在BRT(バス高速輸送システム)で運行されている、JR気仙沼線の柳津~気仙沼間55.3kmと、JR大船渡線気仙沼~盛間7.3kmの鉄道事業が11月13日(金)に廃止されます。

Large 191225 carender 07

拡大画像

JR東日本の気仙沼線BRT。線路敷地をバスが走る(2013年9月、草町義和撮影)。

 同区間は東日本大震災で大きな被害が生じ、BRTで復旧した区間です。JR東日本は「BRTは道路運送法に基づき運行しており、鉄道事業の廃止による運行・サービス水準の変更はございません」としています。

 なお、気仙沼線BRTは柳津~気仙沼間だけでなく、鉄道が運行している前谷地~気仙沼間も、1日5往復運行して鉄道を補完しています。

JR東日本、横須賀線・総武線快速にE235系を投入

 山手線に投入が進められているE235系電車。この車両が横須賀線・総武線快速にも投入され、現行のE217系電車を順次置き換えていきます。

 横須賀線・総武線快速のE235系電車は、停電などの異常時に最寄り駅もしくは避難のしやすい場所まで走行できる非常電源を装備。各車両に防犯カメラが設置されるなど保安設備が強化されます。また、グリーン車には各座席に電源コンセントが設置されるほか、普通車の座席はE217系電車より10mm拡幅されるなど、旅客サービスも改良されます。

 なおE217系電車の普通車には、一部ボックスシートがありましたが、E235系電車では全車ロングシートとなります。

【了】

【写真】写真で見る2020年の鉄道いろいろ

Writer: 児山 計(鉄道ライター)

出版社勤務を経てフリーのライター、編集者に。教育・ゲーム・趣味などの執筆を経て、現在は鉄道・模型・玩具系の記事を中心に執筆。鉄道は車両のメカニズムと座席が興味の中心。座席に座る前に巻尺を当てて寸法をとるのが習慣。言うなれば「メカ&座席鉄」。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. ボックス席が無くなったら、横須賀〜総武快速線はますますグリーン車に需要が集中しそうだなあ。