高速道路 2020年春の開通ラッシュ! 新東名 首都高 阪神高速…「日本最東端の高速」も

「日本最東端の高速道路」の2時間後に首都高も開通

 3月下旬には開通が集中します。

根室道路 温根沼(おんねとう)IC~根室IC(北海道根室市)

・開通日時:2020年3月22日(日)14時
・延長:7.1km

 北海道の根室エリアで初めて開通する高速道路(高規格幹線道路)であり、「日本最東端の高速道路」でもあります。道東道から延伸する形で釧路市から根室市に至る高速道路の計画がありますが、そのなかでも今回の開通区間が最も東に位置しています。

 国土交通省北海道開発局 釧路開発建設部によると、今回の区間は、地吹雪などによる交通障害を緩和し、救急搬送の確実性を向上させるほか、「根室産生さんま」の安定的出荷や観光活性化の支援に寄与するとのこと。また、隣接する北方領土との交流の玄関口となる道路としています。

首都高K7横浜北西線 横浜港北JCT~横浜青葉JCT(横浜市港北区~青葉区)

Large 200220 kaitsu 03

拡大画像

首都高と第三京浜が接続する横浜港北JCT(2020年1月、中島洋平撮影)。

・開通日時:2020年3月22日(日)16時
・延長:7.1km

 2017年に開通した首都高K7横浜北線、および第三京浜が接続する横浜港北JCTから、東名高速に接続する横浜青葉JCTまでを結ぶ首都高の新線です。横浜市街地・横浜港方面と東名を直結する新ルートが形成され、現時点でこの役割を実質1本で担っている保土ヶ谷バイパスの渋滞緩和などが見込まれています。

 横浜港から東名までの所要時間は現在、保土ヶ谷バイパス経由で40分から60分ほどかかっているところ、北西線・北線経由で約20分まで短縮される見込みです。なお、北西線と東名を連続利用した場合に限り、普通車、ETC利用で1320円となっている首都高の上限料金が、最大1800円まで引き上げられます。

【地図】2月から3月に開通する各道路の概要

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント