高速道路 2020年春の改良ラッシュ! 日本初の「新タイプIC」誕生 4車線化も進行

年度末には新しい高速道路の開通だけでなく、既存の道路をより便利にする新ICの誕生や、4車線化などの改良も相次ぎます。なかには、これまでにない構造のICもあります。

全国でICやスマートIC開通 4車線化も

 2020年2月から3月にかけては全国で多くの高速道路が開通しますが、既存の路線の改良も相次ぎます。ICや、ETC専用スマートICの新設、あるいは4車線化といった事業について、開通順に見ていきます。

圏央道 茂原長柄(ながら)スマートIC(千葉県茂原市)

・開通日時:2020年2月16日(日)
・位置:茂原北IC~茂原長南IC間(圏央道本線に接続)

 茂原長柄スマートICは千葉県茂原市内で3つ目となるIC(スマートIC)で、茂原市街地および長柄町の市街地と最も近い位置に開通しました。全方向に行き来でき、24時間利用可能です。

 このスマートICについて茂原市と長柄町、およびNEXCO東日本は、ゴルフ場や千葉県立長生の森といったレジャー施設に近く、観光収入の増加などが見込まれるとしています。

首都高K7横浜北線 馬場出入口(横浜市鶴見区)

Large 200221 baba 01

拡大画像

横浜北線の馬場入口料金所。首都高初のETC専用入口(2020年2月、中島洋平撮影)。

・開通日時:2020年2月27日(木)12時
・位置:岸谷生麦出入口~新横浜出入口間(横浜北線本線に接続)

 2017年3月の横浜北線(K1横羽線~第三京浜)開通から3年遅れで開通する馬場出入口は、路線のほぼ中間の住宅街に位置しています。横羽線方面と第三京浜方面の双方へ行き来が可能です。なお、出口は現金車も利用できますが、入口は首都高で初となるETC専用です。

 3月22日には、横浜北線と第三京浜が接続する横浜港北JCTから、東名高速に接続する横浜青葉JCTまでの首都高「横浜北西線」が開通し、馬場から東名へのアクセスも容易になります。

【地図】2月から3月に開通するIC・スマートICの概要

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 上信越道の小布施も、スマートICから直接ハイウェイオアシスに入れていると思うのですが?