F-35B、岩国基地へ到着 いまだ墜落ゼロの安全性、今後は?

山口県の岩国基地にF-35Bが到着、アメリカ本土以外への配備はこれが初めてです。これまで墜落事故が1件も発生していない同機ですが、これは戦闘機としてとてもまれなことです。

F-35B、岩国基地へ

 2017年1月18日(水)、岩国基地(山口県)にアメリカ海兵隊の最新鋭ステルス垂直離着陸戦闘機、F-35B「ライトニングII」が飛来しました。F-35Bはまず10機が岩国基地へ配備され、最終的には1個飛行隊16機が岩国基地へ常駐することになります。

170114 f35b 01
日本への経由地アラスカへ飛行する海兵隊第121戦闘攻撃飛行隊(VMFA-121)のF-35B。同飛行隊はF-35最初の実戦部隊である(写真出典:アメリカ海兵隊)。

 F-35は通常離着陸型のF-35A、垂直離着陸型のF-35B、空母艦載戦闘機型のF-35Cがあり、このうちF-35Bは2015年に、F-35Aは2016年に実用化されました。今回の岩国基地へのF-35B配備は、F-35としては米本土を除いた最初の海外基地への配備となります。

 真っ先に在日米軍に回された事実は、アメリカがそれだけ対中国や対北朝鮮など、東アジアの情勢を重要視している表れであると言えるのかもしれません。

 ただしF-35Bは既存の垂直離着陸戦闘機AV-8B「ハリアーII」の後継機としての配備が主目的です。またAV-8Bは本国へ戻ったのちに退役します。今後F-35Bは、佐世保を母港とするアメリカ海軍の強襲揚陸艦「ワスプ」の艦載機として活動することとなります。

テーマ特集「【ミリタリー】なにがすごい? F-35特集」へ

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 墜落しなければ悪いような事を書いている。

    • そうか?

  2. F-16は滑走試験のつもりが浮き上がってそのまま初飛行になったんだっけ?
    しかし、F-35がもう、200機になってるのは驚き。