東名阪道が渋滞ポイントリストから消えた! 2019年GW、高速道路の渋滞予想

NEXCO各社が2019年ゴールデンウイークにおける高速道路の渋滞予想を発表。例年、猛烈な渋滞が予想されていた三重県内の東名阪道が、それを迂回する新名神の開通により、渋滞ポイントリストから姿を消しました。

渋滞ピーク、下りは5月3日、上りは4日と5日

 2019年のゴールデンウイークにおける高速道路の渋滞予想が3月26日(火)、NEXCO各社から発表されました。

Large 190326 jutai 01
亀山JCTにおける新名神上り線から東名阪道上り線への合流地点。慢性的な渋滞が発生していた(2012年1月、佐藤 勝撮影)。

 今回の渋滞予想は、4月26日(金)から5月6日(月)までの11日間についてまとめられており、下り線のピークは5月3日(金)、次いで4月28日(日)。上り線のピークは5月4日(土)、5日(日)とされています。

 こうした渋滞予想では例年、各社が管内でピーク時10km以上の渋滞が発生する区間や時間帯についてリストアップしていますが、今回はNEXCO中日本の渋滞予想で大きな変化がありました。東名阪道の区間が全く記載されていないのです。

 三重県内の東名阪道 四日市JCT~亀山JCT間は、2018年ゴールデンウイーク(4月27日~5月6日)の予想においてもほぼ全日、上下線で(5月6日は上り線のみ)渋滞が発生するとされていたうえ、亀山JCTに接続する新名神の上り線では、5月3日から5日の渋滞ピーク時には通過速度が約5km/hと遅く、亀山JCTを通過するのに3時間を要すると予想されていました。

 この猛烈な渋滞予想がなくなったのは、2019年3月17日(日)、東名阪道の渋滞区間を山側に迂回する新名神 新四日市JCT~亀山西JCT間が開通したためです。このルートが完成することで、東名阪道における渋滞は9割削減されると見込まれていました。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190326 jutai 02
  • Thumbnail 190326 jutai 01

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

コメント