持ち逃げは不可避か 駅やバスの無料貸し出し傘、返却率で明暗わかれる

【画像】返却率7割! 自販機の無料貸し出し傘

Large 190610 kasa 04

拡大画像

ダイドードリンコの「レンタルアンブレラ」にはラベルやステッカーが貼られる(画像:ダイドードリンコ)。

この画像の記事を読む

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190610 kasa 04
  • Thumbnail 190610 kasa 01
  • Thumbnail 190610 kasa 02
  • Thumbnail 190610 kasa 03

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 昨年迄中国(上海)に赴任していました。
    上海では、2年位前から駅の改札の近くに無料の貸し傘の機械が置かれてました。
    ただし、無料と言ってもスマホでQRコードを読み取り、電話番号でユーザー登録し、デポジットを電子マネー(Alipay,WeChat Pay)で支払って借りるものです。
     デポジットを払うのでお金を持ってないと借りれませんが、返却後デポジットの返金手続きを取ればお金は戻って来るので費用は掛かりません。
    日本でも、デポジットを取れば傘を返すしかなくなると思いますね。