日本はなぜ「バック駐車」が多いのか 「前向き駐車」より合理的と言えるワケ

日本ではバックで駐車する人が多いですが、欧米などでは前進で駐車マスに入る「前向き駐車」が主流です。なぜこのような違いが生まれたのでしょうか。日本においては、バック駐車のほうが合理的な側面もあります。

欧米では、わざわざバックで入れる必要なし?

 日本ではバックで駐車する光景をよく見かけますが、欧米では反対に、前進で駐車マスへ入る「前向き駐車」が主流と言われます。なぜこのような違いが生まれたのでしょうか。

Large 191011 backin 01
日本ではバックで駐車する光景が多く見られる(画像:PaylessImages/123RF)。

 ある駐車場システムメーカーの関係者は、欧米では駐車場に面した道路や通路、そして駐車マスも日本より広く取られているため、「駐車マスからバックで出るときも余裕があるので、わざわざ出やすいようにバックで入れる必要がないのでしょう」と話します。前向き駐車のほうが手っ取り早いだけでなく、車庫の壁などを背にしないため、トランクを開けやすいといった利点もあるそうです。

 一方、駐車マスやそれに面する通路も狭い日本では、前向きで駐車した場合、クルマが行きかうところにバックで出ていくため難しくなるそうです。駐車マスを通路に対して斜めに配置するなど、前向き駐車を想定したレイアウトの駐車場もあるものの、一般的なレイアウトよりもスペースを必要とするため、日本では多くないといいます。

【写真】「前向き駐車向け」の駐車場レイアウト

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191011 backin 03
  • Thumbnail 191011 backin 01
  • Thumbnail 191011 backin 02

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 前向き駐車は馬を繋いだ名残とも。

  2. 前向き駐車でお願いしますという看板を見ると、その看板に前面を向けて止めるのか、駐車ますにお尻を突っ込んで通路に向かって前向きで止めるのか、いつも悩んでしまいます。なので、図示してほしいです。

    • 私もずっと同じことを思っていました。というより、出口に向かって前向きに停めることのほうが、「前向き駐車」の言葉どおりの気がします。

  3. 前向きの方がやりやすい。この意見には賛成できない。