私はこうしてJR完乗しました 盲点な路線 会社に遅刻…全行程2万kmをどう楽しんだ?

北海道から九州まで、約2万kmあるJR線、これを列車に乗りすべて巡るという、鉄道ファンのあいだで「完乗」と称される趣味行為があります。資金はもちろん相応の時間を要するもので、やはり完乗に至るまではいろいろあったそうです。

30歳ころまでにJR完乗できれば 蜂谷あす美さんの思い

 鉄道趣味界に、「完乗」という言葉があります。ざっくり説明するなら、全国の鉄道路線に端から端まで全部乗ったことを意味します。JRだけ完乗した場合は「JR完乗」、私鉄も含めて全部乗った場合は「全線完乗」などと使い分けることもあります。

Large 200402 jrkanjyo 01

拡大画像

ガーラ湯沢行きの列車に乗る直前の筆者(2015年1月)。

 もっとも、明確な定義が存在するわけではないので、「日の高いうちに乗らないとカウントしない」「上りと下りの両方に乗ってこそ」「在来線区間は普通列車のみ」などと厳しい掟を己に課す人もいます。加えて、私鉄も含めた「全線完乗」は、「どこまでを鉄道に含めるのか」が人によって異なってきます。

 筆者(蜂谷あす美:旅の文筆家)は2015年1月に「JR完乗」を達成しましたが、もともとは「完乗したい」とはさして、いやまったく思っておらず、「まあ30歳くらいでひとまずJRは全部乗っておけたらいいなぁ」とぬるい考えでいました。線路は別に旅人のためにあるわけでなければ、攻略する対象でもなく、そこで生活する人のために存在するものだと思っていたから、というのが理由のひとつです。

【画像】経由が多すぎて手書きになったきっぷ

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 秋田港駅には行かれました?