「灼熱通勤」の思い出 都会でも日常だった冷房のない電車 懐かしいけど戻りたくない…

JRも私鉄も、都市部では1990年代まで冷房のない電車が走っていました。汗だくになりながら皆、通勤通学したものです。地下鉄では暑さ対策でトンネルを冷房したことも。今こそ当たり前になった冷房車の歴史を振り返ります。

渋谷ハチ公前にいた青ガエル 現役時代は非冷房車

 2020年8月3日(月)、東京の渋谷駅ハチ公前広場から「青ガエル」こと東急旧5000系電車の5001号車(デハ5001)が搬出され、8月6日(木)に秋田県大館市の観光交流施設「秋田犬の里」に設置されました。旧5000系は丸みを帯びた車体とタレ目に見える先頭車の顔つきで、愛嬌のある姿をしています。渋谷駅では観光案内所や待ち合わせ場所として、鉄道ファンだけではなく、多くの人々に親しまれました。

Large 200808 nonair 01

拡大画像

日比谷線で使用されていた営団3000系電車は非冷房だった(画像:photolibrary)。

 しかし筆者(杉山淳一:鉄道ライター)にとって現役時代の旧5000系は嫌いな車両でした。なぜなら「暑かったから」。旧5000系は冷房を搭載していませんでした。

 旧5000系が大井町線(当時は田園都市線)の主力車種だった1980年代、筆者は高校通学で乗っていました。梅雨どきや夏休み前、プラットホームで列車を待っていて緑色の電車がやってくると「ハズレた! 銀色の8000系電車や8500系電車なら冷房付きで涼しいのに……」と思ったものです。鉄道ファンとして旧5000系の功績は知っています。しかし暑がりな利用者としてこの電車は苦手でした。大井町線の利用者の多くが同じ気持ちだったと思います。

 東急電鉄の冷房車は1971(昭和46)年から。8000系の一部に冷房装置が搭載されはじめました。しかし冷房車両の運行本数は少なかったと記憶しています。2本くらい待っても冷房車が来なくて、しかたなく3本目に乗って遅刻ギリギリ、という思い出もあります。

【写真】今も非冷房車 暑さ対策で車内にあるものは?

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

4件のコメント

  1. 関東での通勤電車冷房化の嚆矢としてあげるなら…
    同じ京王帝都電鉄の車輌でも 井の頭線の3000型 ではなく、本線系の5000型 とするのが一般的なはずだが……

    トンネル昇温の原因は…
    加減速の際の抵抗制御や発電ブレーキによる排熱 のみではなく、トンネル周囲の地下水位の低下 もあったと思われるが触れていないなぁ…

    それと…
    営団がトンネル冷房から車輌冷房に転換するまでは、乗り入れ各社の冷房車が境界駅で冷房を切り…、頭上の音が消えるとともに絶望感に襲われ…、逆だと頭上でゴォォォ…と音がすると共に冷気が吹き出されてホッとした… なんていうのも……

  2. > 旧5000系が大井町線(当時は田園都市線)の主力車種だった1980年代

    →1980年頃

    1980年代後半には運用されていなかったかと。

  3. 確かに夏の地下鉄は暑かったです。

    特に帰宅時のタイミングともなると
    日中の暑い空気が校構内へ充分入ってきており、
    改札を通ってホームへの階段を下りていくと、
    まるで足からサウナへ入っていくような感覚でした。

    車両の下から湧き出る機械類の熱と人いきれが
    ないまぜになって気分が悪くなる人も続出。
    乗車率250%の日比谷線 上野-北千住の通勤はひと仕事でした。

  4. 山の手線冷房編成の見分け方(高運転台の後期車)、
    甘いぜ ! 紹介の「中央付近2~4両非冷房」の他にクハだけ後期車で中間車8両全部非冷房という通称キセル編成ってのが有ってだな、折角の先頭車冷房機も肝心な隣のモハに冷房用電源が積んでいないのでクーラーを使用できなかった。つまり遠くから近づいてくる姿は新型だが編成全体が実質非冷房。