東武を前に歯が立たず…でもない? 「日光戦争」国鉄・JRはどう奮闘したか 一時は優勢?

日光は東武鉄道にとって重要な観光地です。浅草駅からの特急列車が多数運行されていますが、それに混じってJR線から東武線へ直通する特急も新宿駅から運行されています。今は仲間のように見えますが、かつてはしのぎを削るライバル同士でした。

ものすごく歴史が長い東武vs国鉄の「日光戦争」

 東武鉄道日光線は、1929(昭和4)年の全線開通時から、観光色が強い路線でした。開通後ほどなく、週末限定で無料の特急列車が運行されています。翌1930(昭和5)年より、特別料金が必要な、オープンデッキやサロンを備えた豪華な貴賓展望車トク500形が登場。1935(昭和10)年には、当時としては極めて珍しい特急形電車デハ10系が運行開始されます。クロスシートで売店も備えた豪華車両でした。

Large 221020 fkcym 01
特急「スペーシア」などに使われる東武100系(上)と、特急「日光」などに使われるJR東日本253系(恵 知仁撮影/photolibrary)。

 こうして、東武という強力なライバルを迎え撃つことになったのが、宇都宮から延びる国鉄(国有鉄道)日光線です。さっそく1930(昭和5)年より、上野~日光間で準急(戦前は料金不要)の運行が開始されます。赤羽~宇都宮間でノンストップ運転を行い、一等車も連結していました。

 所要時間は2時間30分。国鉄日光線は宇都宮駅で進行方向を変えて日光に向かわなければならなかったうえ非電化で、距離も浅草~東武日光間の135.5kmに対し上野~日光間は146.6kmと不利でした。しかし東武特急の2時間24分に拮抗していました。

 2022年現在は、JR新宿駅から日光方面への東武特急が発車するまでになっていますが、熾烈なライバル争いは戦前から始まっていたのです。

戦前からバッチバチ!

 国鉄は1934(昭和9)年より、準急に和食堂車を連結。所要時間も2時間27分とします。東武特急はこれに対抗して、所要時間を2時間18分に短縮します。

 国鉄はさらに東北本線の雀宮駅から日光線の鶴田駅まで短絡線の建設も計画しましたが、断念。戦後は1948(昭和23)年から、進駐軍専用列車の一部が特急「華厳」として開放され、翌年には東武鉄道でデハ10系特急の運行が再開されます。

 国鉄は1950(昭和25)年から上野~日光間に快速「にっこう」を設定しますが、所要時間は戦前の準急より遅い2時間40分でした。1955(昭和30)年には「にっこう」を新鋭気動車キハ45000形(後のキハ17形)に置き換え、快速「日光」とします。この気動車は固定式クロスシートを備えてはいましたが、車体幅は電車より20cm狭い2.6mで、騒音や振動も大きなものでした。また、エンジン出力も160馬力1台とパワーがなく、上野~日光間は2時間30分を要しました。

【写真】豪華な貴賓展望車が日光線を走った ほか、新型「スペーシアX」のイメージ図など

最新記事

コメント