首都高と「KK線」のナゾ 接続部分に設けられた「乗継所」の理由

首都高ネットワークのなかに、わずか2kmの「KK線」と呼ばれる区間が存在しますが、実は首都高ではない路線だといいます。

案内看板も「首都高速」だが…

 銀座や京橋といった東京の中心繁華街に、「KK線」と呼ばれる自動車専用の道路があります。一見、首都高のいち路線のようですが、ほかと比べて少しばかり様相が違います。その理由を首都高速道路に聞きました。

170324 shutokokk 01
JR有楽町駅付近の高架道路に通じる場所にある路線図。首都高のものではない(2017年3月、中島洋平撮影)。

――「KK線」とはどのような路線なのでしょうか?

 東京高速道路株式会社という別会社が所有、運営する道路です。首都高は利用者から通行料をいただいていますが、東京高速道路は無料です。ただ、首都高とつながっておりネットワークとして切り離せないため、乗り継ぎなどで協力し合っています。

170324 shutokokk 02
東京高速道路 西銀座入口の案内看板には「首都高速」と書かれているが、高架橋奥の壁面には「東京高速道路」の文字とシンボルマークが(2017年3月、中島洋平撮影)。

※ ※ ※

 別会社の路線、ということで現地に行ってみると、西銀座入口の案内看板には「首都高速」の文字と、「羽田 渋谷」という首都高の方面を示す表記もありました。その案内看板の近くで、確かに「東京高速道路」の文字も見つかりました。

 東京高速道路と首都高はどのような関係なのでしょうか。東京高速道路株式会社に話を聞きました。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント