黄色いクルマ、意外と売れている? メーカーが車種のイメージカラーにする背景

メーカー、ユーザーにとって「黄色いクルマ」とは?

 2019年現在、クルマのボディーカラーにおける黄色の傾向について、BASFジャパンに聞きました。

――黄色の設定はどのようなクルマに多いのでしょうか?

 日本車では軽自動車とコンパクトカーが中心で、アジア全体で見るとSUVでもその傾向があります。欧州車はコンパクトやミッドサイズ(メルセデス・ベンツCクラスやBMW3シリーズなど)が中心です。北米車では、スポーツカーにおいて黄色が伝統的に定着しています。

Large 190529 yellow 02

拡大画像

「ベガスイエロー」のアウディ「Q2」(画像:アウディ)。

――メーカーはどのような意図で黄色を設定するのでしょうか?

 黄色の特徴は、スポーティーさを表現できる点です。機能に重きを置いたSUVや、環境に配慮したクルマが市場において注目されるなか、ブランドとして、またモデルとして、スポーティーさの表現によって差別化を図る狙いがあるでしょう。

 ユーザーにとっては、(経済性を重視した)軽自動車やコンパクトカーであっても、自動車本来の「走り」や「運転する楽しさ」を求めたい、黄色を選ぶことでほかと差別化して「かっこよさ」や「自分らしさ」を表現したい、といったニーズがあると思います。メーカーにとっても同様で、ユーザーの心に響く色を打ち出したいと考えた結果、それが黄色という、わかりやすいメッセージとして表れているのです。

 もうひとつの要因としては、ここ数年、鮮やかなレッドメタリックが世界的に注目されてきた点です。赤もスポーティ―な色の代表ですが、それが見慣れてきたなかで、より新鮮な表現を求める傾向があると思います。その点、黄色は赤よりも個性が際立ち、誰が見てもスポーツカーを連想させる強さがあるでしょう。

テーマ特集「【トリビア】なぜその色? 乗りものの色、どんな意味がある?」へ

【写真】あんなクルマにも! 黄色いクルマ大集合

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190529 yellow 04
  • Thumbnail 190529 yellow 05
  • Thumbnail 190529 yellow 06
  • Thumbnail 190529 yellow 07
  • Thumbnail 190529 yellow 08
  • Thumbnail 190529 yellow 09
  • Thumbnail 190529 yellow 10
  • Thumbnail 190529 yellow 11
  • Thumbnail 190529 yellow 12
  • Thumbnail 190529 yellow 13
  • Thumbnail 190529 yellow 14
  • Thumbnail 190529 yellow 15
  • Thumbnail 190529 yellow 16
  • Thumbnail 190529 yellow 17
  • Thumbnail 190529 yellow 18
  • Thumbnail 190529 yellow 19
  • Thumbnail 190529 yellow 20
  • Thumbnail 190529 yellow 21
  • Thumbnail 190529 yellow 01
  • Thumbnail 190529 yellow 02
  • Thumbnail 190529 yellow 03

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント