色で見る列車の種別 特急や急行など速いと赤系統? 表示するLEDも進化

各駅停車や普通のほか、急行や快速などの優等列車を運行している鉄道会社は、利用者に分かりやすく案内するために、列車の種別を色分けしています。そこにはどのようなパターンがあるのか、大手私鉄を例に見てみましょう。

種別表示に最も使われている赤色 特に特急や急行など

 各駅停車のほかに速達列車を設定している路線では、乗客が乗り間違えないよう分かりやすい案内を鉄道会社が工夫しています。中でも列車種別ごとに色分けをする案内はJRや大手私鉄を中心に各社で行われており、文字を読むよりも直感的に「違い」を感じ取れるメリットがあります。

Large 200904 color 01

拡大画像

赤系統の色で表示される西武新宿線の急行(2014年9月、大藤碩哉撮影)。

 たとえば「赤い種別は急行」「緑の種別は準急」といった具合です。中には阪神電鉄のように、車体の色で普通列車とその他の列車を完全に分離して、「オレンジの電車は優等列車」、「青い電車は普通列車」という区別をしている会社もあります。

 この「種別ごとの色」について、各社が運行している列車種別や種類は異なりますが、全体の傾向として「基幹となる優等列車」に赤色を設定するケースが多いようです。

 大手私鉄16社の例を見ると、東京メトロを除く15社が種別に赤色を採用しています。そのうち京急と近鉄を除く13社が、列車本数的にも基幹となる優等列車に赤色を割り当てています。京急は現在、快特が基幹となる種別ですが、赤色はかつての基幹種別である特急に使われています。

 そしてその基幹種別を補完する列車には、赤色の補色(色相差が最も大きくなる色)である緑色が使われる傾向が見られます。大手私鉄16社中9社が準急に緑色を割り当てており、南海と京阪は区間急行に、準急の設定がない西鉄は特急の補完種別である急行に、それぞれ割り当てています。

 このように基幹種別の赤色系統、補完種別の緑色系統、そして各駅停車の黒色系統(もしくは濃い青色)の3種が大手私鉄でよく使われる色となりますが、種別が多い場合この3色だけでは色が不足するため、各社は分かりやすいようにさまざまな工夫を凝らしています。

テーマ特集「【トリビア】なぜその色? 乗りものの色、どんな意味がある?」へ

【一覧表】特急 快速 通勤準急 各駅停車… 大手私鉄16社の種別色を比較!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. こんなところまで来てこの表見るのは鉄ヲタしかいないからまぁ大丈夫だと思うけど、京阪の欄見て、「快速特急から普通までこうやって停車駅増えていくんだー」と思ったら大間違い。
    停車駅の少ない順から快速特急<特急<通勤快急=深夜急行<快速急行<急行<通勤準急<準急<区間急行<普通になります。
    本来、設定される想定になってた「通勤急行」(深夜急行の大阪行き版)ができてれば快速急行の下に通勤急行となったでしょうが。